流域キッズ

まなぼう

つかおう

みてみよう

真鍋大島のイヌグス

関係かんけいする市町しまち:笠岡市

まなべおおしまのいぬぐす

関係かんけいのある情報じょうほう

【場所】笠岡市真鍋島の属島
【時代】樹齢400年以上
【指定年月日】昭和32年5月21日
【所有】個人
【見学】可  【見学時期】通年
【見学時の注意】
公共交通なし、要用船

この天然記念物てんねんきねんぶつについて

 真鍋島の北側に、2つの連なった小さな無人島がかんでいます。このうち南側の「前大島まえおおしま」にイヌグスの木があります。一見いっけん2かぶにも見えますが、地表下では1かぶであるといわれています。
 北株きたかぶみき周囲しゅうい6.4m、根元ねもと周囲しゅうい7.0m、高さ15.5m、南株みなみかぶみき周囲しゅうい3.7m、根元ねもと周囲しゅうい4.2m、高さ8.5m。横に大きく枝を広げており、推定すいてい樹齢じゅれいは約400年です。

無断むだん画像等がぞうなど複製ふくせい転載てんさい加工かこうすることをきんじます。

一覧にもどる