流域キッズ

まなぼう

つかおう

みてみよう

阿哲台(縞嶽)

関係かんけいする市町しまち:新見市

あてつだい(しまだけ)

関係かんけいのある情報じょうほう

【場所】新見市金谷
【時代】不明
【指定年月日】昭和32年11月5日
【所有】個人
【見学】可  【見学時期】通年

この天然記念物てんねんきねんぶつについて

 金谷かなやから哲多町てったちょう花木はなぎにかけての一帯(河本こうもとダム周辺)には石灰岩と花崗岩かこうがんとの接触部せっしょくぶがあり、スカルン帯を形成しています。これらの堆積岩たいせきがんが、中生代の火成活動によって噴出ふんしゅつした花崗岩かこうがんの熱の影響えいきょうを受けて、石灰岩は大理石に、チャートや泥質岩でいしつがん珪灰石けいかいせき・ベスブ石・ざくろ石などを含むスカルンに変化しました。石灰岩は風化ふうか浸食しんしょくに弱いためくぼみ、スカルンは石英を主体としかた浸食しんしょくに強いため、全体として凹凸のある縞状しまじょうの岩体となり、崖をつくっています。このしま模様もようから「縞嶽しまだけ」と名づけられたものであり、阿哲台あてつだいの地史を知る上でも貴重な場所となっています。

無断むだん画像等がぞうなど複製ふくせい転載てんさい加工かこうすることをきんじます。

一覧にもどる