流域キッズ

まなぼう

つかおう

みてみよう

薄田すすきだ 泣菫きゅうきん

活躍かつやくしたとし:1877~1945年

関係かんけいする市町しまち倉敷市くらしきし

なにをしていた人?:詩人しじん随筆家ずいひつか

関係かんけいのある情報じょうほう

薄田泣菫生家すすきだちゅうきんせいか

 薄田泣菫すすきだちゅうきんは、明治めいじ10(1877)ねんいま倉敷市連島町連島くらしきしつらじまちょうつらじま西薄田家にしすすきだけまれました。  明治めいじ24(1891)ねんいま県立岡山朝日高校けんりつおかやまあさひこうこう入学にゅうがくしましたが、体操たいそう得意とくいでなくで2ねん中退ちゅうたいしました。明治めいじ27(1894)ねん上京じょうきょうし、帝国図書館ていこくとしょかんいま上野図書館うえのとしょかん)で日本文学にほんぶんがく漢文学かんぶんがく西洋文学せいようぶんがくすべむなど、独学どくがくまなびました。
 どものころから読書好どくしょずきで、すでに詩作しづくりをしていましたが、明治めいじ30(1897)ねん文芸雑誌ぶんげいざっし新著月刊しんちょげっかん』へ投稿とうこうした長短ちょうたん13編ちょうへん ぺん花密蔵難見はなみつにしてみえがたし」がたか評価ひょうかされて詩壇しだんにデビューしました。このときはじめて泣菫ちゅうきんごう(ペンネーム)をもちいました。
 その第一詩集だいいちししゅうの『暮笛集ぼてきしゅう』(明治めいじ33(1900)ねん)をはじめ『ゆくはる』『しら玉姫たまひめ』『二十五絃にじゅうごげん』を刊行かんこうし、明治めいじ詩人しじん仲間なかま頂点ちょうてんきわめました。
 明治めいじ39(1906)ねんした詩集『白羊宮ししゅう はくようきゅう』は、円熟期えんじゅくきむかえた泣菫ちゅうきんすべてを集成しゅうせいしたもので、このあと徐々じょじょ活動かつどう場を詩ば しから散文さんぶんうつしていきましたが、新体詩しんたいし文語定型詩ぶんごていけいし)を発展はってんさせたことが泣菫ちゅうきんおおきな業績ぎょうせきでした。
 大正元たいしょうがん(1912)ねん大阪毎日新聞社おおさかまいにちしんぶんしゃ入社にゅうしゃ大正たいしょう5(1916)ねんから毎日新聞まいにちしんぶん連載した随筆れんさい    ずいひつ茶話ちゃばなし」が好評こうひょうで、随想集ずいそうしゅう茶話ちゃばなし』を、大正たいしょうねんに『のち茶話ちゃばなし』を、さらに大正8年たいしょう ねんには『新茶話しんちゃばなし』を出版しゅっぱんしました。博識はくしきのうえ、話術わじゅつたくみだった泣菫ちゅうきん作品さくひんは、おおくの読者を魅了どくしゃ みりょうしました。
 学芸部長がくげいぶちょうとして芥川龍之介あくたがわりゅうのすけ菊池寛きくちかんなど、名声高めいせいだか作家さっか積極的せっきょくてき見つけ出み  だし、文学界ぶんがくかい発展はってんにもおおきく貢献こうけんしました。

無断むだん画像等がぞうなど複製ふくせい転載てんさい加工かこうすることをきんじます。