流域キッズ

まなぼう

つかおう

みてみよう

 山田方谷やまだほうこくは、文化ぶんか2(1805)ねんいま高梁市中井町西方たかはししなかいちょうにしがた農業のうぎょう菜種油なたねあぶら製造せいぞう販売はんばいおこなっているいえまれました。5さい新見藩にいみはん藩校はんこう教授きょうじゅをしていた丸川松隠まるかわしょういん学問がくもんまなびました。
 29さいのとき、3年間京都ねんかんきょうと江戸えどなどで勉強べんきょうしました。32さい新見藩にいみはんもどり、方谷自身ほうこくじしんも21さいときまなんだ備中松山藩びっちゅうまつやまはん学問所がくもんじょ有終館ゆうしゅうかん」の学頭がくとう校長こうちょう)となりました。また、学頭時代がくとうじだい天保てんぽう9(1838)ねん私塾しじゅく牛麓舎ぎゅうろくしゃ」をつくり、明治めいじ三大文宗さんだいぶんそう一人ひとりかぞえられる三島中洲みしまちゅうしゅうや、のち高梁たかはし女子教育じょしきょういく普及ふきゅうつとめることとなる福西志計子ふくにししげこはこのまなびました。
 45さいのとき、新見藩主にいみはんしゅ
板倉勝静いたくらかつきよからはん財政ざいせい管理かんりするやくをまかされました。方谷ほうこくは、7年間ねんかん借金しゃっきん返済へんさいする計画けいかくて、10万両まんりょういまのおかねやく300億円おくえん)の借金しゃっきんかえすと、さらに10万両まんりょうめて、はん財政立ざいせいたなおしにおおきく貢献こうけんをしました。
 明治維新めいじいしんあと旧松山藩きゅうまつやまはん高梁藩たかはしはんとして再興さいこうされましたが、このあいだ方谷ほうこくたした指導的役割しどうてきやくわりとその貢献こうけんおおきなものでした。

無断むだん画像等がぞうなど複製ふくせい転載てんさい加工かこうすることをきんじます。